賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜

LINEで送る

法律的なことも確認

契約については、このサイトでも説明したところです。
独特の風習があるとはいえ、日本も契約社会であり、近代型の営みをしています。
しかし、それは法律に基づいたものであり、契約もまた、法で認められているものです。
もちろん、賃貸も法律行為であり、認められているからこそ、取引ができると言えます。
貸し出しできる根拠としては、所有者が自由意思で、不動産などを扱うことができるからです。
これは、民法の物権規定に相当しますが、不動産賃貸の場合、債権規定も関係します。
すなわち、オーナーが債権者であり、賃借人が債務者ということです。
これは、金銭対価を基準とした貸し借りの基礎となっています。
身近なレンタルCDやDVD、あるいは、レンタカーなども、同様であるようです。
また、不動産賃貸であれば、借地借家法が関係します。
その名の通り、不動産の貸し借りを規定したものであり、宅建資格者などが学ぶべき、基礎法律でもあります。
その中で、工事についても規定もあるようです。
すなわち、オーナーの許可を得られれば、賃貸物件であっても、リフォームが可能ということです。
これは、大規模工事を意味し、建物の形状を変更することに相当します。
建物は、先で触れた物権と関係し、所有者に絶対的な権利があります。
したがって、借りている人は、所有者であるオーナーが認めれば、住まいの形状を変えることができます。
もちろん、費用は依頼した方が出すようになりますが、住まいの形状に不満を持っているのであれば、まずはオーナーと相談することが、大事になるのでしょう。
ただし、賃貸マンションなどは、集合住宅であり、一室のリフォームでも、他に影響を及ぼす可能性があります。
分譲マンションと同様、専有と共有を真弁えることが大事でしょう。
また、大規模工事がオーナーの許可を必要としていても、小規模工事においては、その必要がありません。
建物の形状を変えないものであり、インターネット回線の引込工事は、賃借人が任意に行っても問題ないものと解釈できます。
ただし、壁に穴を開けるなどが生じれば、きちんとオーナーに伝えておくことも大事です。
なお、不動産賃貸の仲介を行う人は、宅建資格を有している必要があります。
宅建資格者は、仲介する際に、依頼者に重要事項を説明する義務が生じます。
借りる側としても、これを十分踏まえておくべきでしょう。
重要事項とは、契約の核となるような部分を意味し、契約内容にも相当するもののようです。
Copyright (C)2017賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜.All rights reserved.