賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜

LINEで送る

審査あれこれ

審査と言うと、ローンをイメージする人も多いかもしれません。
大口であろうと、小口であろうと、信用審査が行われ、金融機関の基準に見合うようであれば、融資が行われるようになっています。
まずは、審査を通ることが、資金確保につながることとも言えるようです。
賃貸物件に入居する際も、審査があります。
特に、マンションであれば、審査があるのが、当然のようです。
入居審査と言われていますが、ローンの審査と似たような面があります。
収入や資産状況などを調べられ、家賃がきちんと支払えるのかを計られるようになります。
また、どこのどんな人であるのかも、重要な要素のようです。
もちろん、引越す前であるので、現在の住所などが問題のようです。
もちろん職業なども関係することもあるようです。
家賃も、年間の金額が年収の3分の1程度であるのが望ましいようです。
仮にそれに足りなかったとしても、資産で補うことができれば、審査を通ることもあるようです。
この点については、身の丈に合った物件を選ぶのが大事になるのでしょう。
また、入居審査のほかに、最近では、ペット審査もあります。
その名の通り、ペットに関する審査であり、申請通りのペットであるのか否かなどが、見られるようです。
特に犬であれば、知らない人を見て、どのような反応をするのかなどが、問題となるようです。
仮にやたらに吠えたり、飛びついてばかりいれば、しつけが行き届いていないと見られるため、入居できない可能性もあります。
また、申請した犬が小型であるのに、実際は大型であったというケースも、事例としてあるようです。
この際、当事者の判断となるようですが、ウソの申請と同様であり、入居できない可能性もあります。
このため、ペットの申請なども、ウソのないようにすべきであるのは、言うまでもないかもしれません。
さらに、賃貸物件であれば、保証審査が実施されることもあります。
賃貸契約では、連帯保証人を立てることになりますが、これを保証代行会社に任せる場合です。
ローンの信用審査と同じようであり、収入などが重要であるようですが、大事なことは、家賃の滞納の頻度などのようです。
仮に滞納などが多ければ、それで審査を通らない可能性があります。
したがって、家賃をしっかり払い続けることが、重要であるのは、言うまでもないでしょう。
いずれにせよ、賃貸物件に住むのであれば、種々の審査があります。
それを経ないことには、希望物件への入居ができないこととなっています。
Copyright (C)2017賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜.All rights reserved.