賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜

LINEで送る

契約時の重要点

日本は、法律上、契約社会となっています。
欧米とは異なった面もありますが、独特の習慣などを鑑みたものであることは、ご承知のことかもしれません。
こういう契約社会であるため、何らかの取引が行われる場合、契約が基礎となっています。
賃貸においても、同様であり、オーナーと賃貸契約を結ぶことで、入居が可能となっています。
その際、仲介業者から重要事項の説明を受けるようになります。
これは、宅建資格者が行うもので、独占業務の一つです。
仮にそういう説明がないのであれば、別な業者に変えることも、検討の一つでしょう。
また、契約には、内訳があり、家賃が基本となっています。
前家賃、敷金、礼金、仲介手数料が主要な内訳です。
前家賃は一ヶ月分ですが、敷金や礼金などは、家賃の一から二ヶ月分となっています。
それなりの費用が掛かることを十分承知しておくべきでしょう。
また、これら主要な契約費用以外でも、保険料があります。
賃貸物件の場合、もしもの際に備え、火災保険に加入することになります。
賃貸契約は、一般的に二年に一度の更新となっていますが、保険も同様な更新期間となっています。
通常、数万円程度の保険料ですが、物件によって異なります。
火災保険といっても、火災以外のものでも、保障対象となっています。
たとえば、所有物によって怪我を負わせたなどがあれば、火災保険が適用されます。
所有物には、ペットも含まれます。
ペットと暮らす場合、この点を承知しておくべきでしょう。
また、保証会社を使っていれば、保証金が発生します。
これは、手数料のようなものですが、代行への報酬ということでしょう。
通常、保障といえば、人を立てるため、会社が代わりとなることは、ある意味、特殊な面もあるのでしょう。
しかし、少子高齢化の今では、保証代行会社を使う人が増えているようです。
あるいは、保証代行会社を通さなければ、入居できない案件も多々あるようです。
これもまた、時代の変化でもあり、重々承知しておくべきことでしょう。
さらに、かつては、賃貸物件と言えば、手付金を支払うことが、一般的でした。
予約金のようなものですが、不動産会社が返戻する義務がないため、賃借人に一方的な不利があるとのことで、今では利用されていません。
しかし、同じように予約金として、申込金があります。
これは、意思表示をし、入居が正式に決まった際の前金のようなものです。
キャンセルすれば、基本的に返戻され、なおかつ、契約費用の一部と見なされるようになります。

住まいや賃貸についての話はこのサイトが手軽で便利です

Copyright (C)2017賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜.All rights reserved.