賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜

LINEで送る

集合住宅ならマナー

住まいの形態にも、いくつかのものがありますが、賃貸と言えば、集合住宅になるでしょう。
マンションやアパートを指しますが、物件数も多く、住まいの選択をする上でも、容易ではないでしょうか?
しかし、集合住宅であれば、同じ敷地に複数の世帯が住むため、思わぬところで、問題が発生することがあります。
集合住宅に住むということは、一戸建て以上に、受忍限度を弁えておくべきであり、ある程度の許容が求められていることは、確かです。
しかし、マナーを守っていれば問題ないことでも、それが時にできない人も多々いるようです。
典型的なものとしては、騒音になるでしょう。
夜中の話し声であったり、あるいは、子供の足音などが典型的なものです。
さらには、最近では、ペット可案件が増えているため、ペットを巡る騒音問題も発生しているようです。
犬の鳴き声であったり、あるいは、子供の足音と同様、部屋をかけずり回る音です。
これらは、結局、先で触れているようにマナーの問題です。
子供と犬では、しつけも関係してきます。
自由な世の中でありながらも、それがすべて許される訳ではないのは、常識の範囲と言っても、過言ではないですが、残念ながら、それが通用しないこともあるようです。
しかも、騒音の場合、主観的な要素が大きく、人によって、うるさく感じる度合いが異なっています。
したがって、もっとも現実的な対処は、イヤーマフや遮音性の高いイヤホンを使って、音をしのぐことのようです。
完璧とはいかないまでも、それでかなり環境が変わることもあります。
また、ゴミ出しなども、集合住宅でありがちな問題です。
分別を守らなかったり、あるいは、指定日以外に出したり、さらには、別な場所に置く等です。
仮にベランダにゴミをまとめておけば、緊急時に使用できないことと同時に、悪臭の問題も引き起こします。
決められた場所へ、きちんと出すことが、マナーであり、常識でもあるでしょう。
さらに、近隣住人ではなく、オーナーとの問題もあります。
特に多いのが、家賃滞納です。
賃貸物件は、金銭対価で成り立っているものであり、家賃を支払っているからこそ、居住できるようになっています。
それが遅れるということは、住むための条件を放棄していることと同様であり、滞納しないことが、前提条件です。
ただし、何らかの事情が原因で、どうしても遅れてしまうこともあるでしょう。
そういう場合、管理会社やオーナーに、きちんと伝え、いつまでに支払うかを約束することで、悪質な滞納とは見なされないケースも多々あります。
その点も、十分念頭にしておくべきことであると思います。
Copyright (C)2017賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜.All rights reserved.