賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜

LINEで送る

トラブルへの対処

人が共存しているのであれば、時にトラブルが発生します。
賃貸の集合住宅に関しては、先の記事で説明しているとおりです。
騒音やゴミ出し、あるいは、家賃滞納などが、典型的なものでしょう。
そういうトラブルが発生した場合、賃借人としては、どのように対処していいかわからない面があるかと思います。
もっとも、家賃滞納の場合、オーナー側が解決したい問題となりますが、賃借人からすれば、滞納分を受け取ってくれない等のトラブルもあり得ます。
これもまた、困った問題とも言えるでしょう。
ならば、トラブルが発生した場合、どのようにすべきなのでしょうか?
まず、セオリーとしては、騒音などの問題は、第一に管理会社に連絡すべきことです。
賃貸の一戸建てであれば、オーナーが近くにいる可能性もあり、直談判しても問題はないかもしれません。
あるいは、マンションでも、オーナーが管理者として、同じマンションに住んでいるケースもあります。
そういう場合、オーナーに伝えることができます。
また、消費者センターも、相談を受け付けています。
商品を巡るトラブルやサービスの問題などを電話などで受け付けるのが、主要業務であり、ホームページなどでも、事例を紹介しています。
相談する前に、そういう。
さらには、役所などでも、無料の相談窓口を設けています。
住まいに関する専用のものがあるため、予約を取って、相談に行くのが、一般的であるようです。
これらが、トラブルが発生した場合、賃借人が利用できるものでしょう。
もっとも、相談というからには、仲介をすることはなく、あくまで第三者としてのアドバイスをすることになっています。
解決までのヒントを与えてくれるとも言い換えることができます。
したがって、相談センターなどに連絡すれば、すべてが万々歳ということではありません。
その点を十分弁えるべきでしょう。
また、どうしても、そういう相談センターでは、納得できないのであれば、最終的には、裁判となります。
賃貸物件程度のトラブルであれば、簡易裁判所での少額訴訟が一般的であるようです。
簡単な手続きで、本人が訴えることができるようです。
仮に心配なようであれば、法律事務所などに相談してから行うべきでしょう。
なお、あまりにもひどいトラブルであれば、警察へ連絡することも大事です。
相談窓口もありますが、近隣の広い範囲に及ぶような騒音であれば、公共性を侵害していると見なすことができるため、警察が騒音元に注意をしてくれるケースもあります。
Copyright (C)2017賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜.All rights reserved.