賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜

LINEで送る

賃貸物件にもいろいろ

住まいの形態にも、色々なものがあることは、少し触れています。
賃貸のほかに、購入物件があり、マンションであれば、分譲タイプになるでしょう。
けれども、不動産賃貸と考えれば、より種類が多々あるかもしれません。
たとえば、車を持っているのであれば、駐車場が賃貸物件としてお馴染みでしょう。
すべてに住まいに車を保管できる場所がある訳ではないので、状況によっては、借りざるを得ないのが、実情でもあるでしょう。
また、会社を経営しているのであれば、テナントも賃貸物件として、有名です。
雑居ビルの一室を借りるもので、事務所として利用している人も多いようです。
テナントの場合、会社などに適した設備などがあります。
電力供給も異なるケースが多く、それだけ、多数の人が就業できるようになっているとも言えます。
もちろん、小規模企業であっても、利用しているところがたくさんあります。
また、住まいにおいても、一戸建てや集合住宅ばかりではありません。
もっとも、正確には、経営形態が異なるというのが適しているかもしれません。
たとえば、定期借家というものがあります。
通常、賃貸契約は、住まいの期間が決まっている訳ではありません。
確かに更新がありますが、事情のない限り、更新を続けることができるのが、通常です。
言い換えれば、長期型のものとなっています。
しかし、定期借家は、短期型の賃貸となっています。
これは、一戸建ての物件ですが、出張などで一時的に家を空ける際、貸し出しをするというものです。
少々、リゾートマンションと似たような面があります。
貸し出した人の都合にもよるのでしょうが、概ね二年程度の期間であるようです。
また、短期型の賃貸は、マンションでもあります。
マンスリーあるいはウィークリーマンションが、それに該当します。
その名の通り、月毎あるいは週毎に契約をするものです。
出張中のサラリーマン、リフォームしている家族、あるいは、留学生などが利用するようです。
短期滞在が目的であるため、ホテル型のマンションとも言えるのでしょう。
けれども、数ヶ月単位で見れば、短期型マンションの方が、長期型よりもコストが低いようです。
最近では、年単位のものも出てきたようです。
もっとも、短期型でも、支払いを続けられるのであれば、長期滞在も可能となります。
この点は、ホテルと同様でしょう。
なお、分譲賃貸マンションというものもあります。
これは、分譲タイプでありながら、賃貸として利用できるものです。
作りがしっかりしている傾向があるとのことで、人気物件としても知られています。
Copyright (C)2017賃貸マンションの施設と条件〜トラブルを招かないために〜.All rights reserved.